主婦女性にあった資格方法は?資格取得から独立開業を本音で語ります。行政書士・社会保険労務士・宅建etc

主婦・女性の資格取得から独立開業まで

主婦・女性のライフワークに適した、資格取得と独立開業とは?行政書士・社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・宅建 etc

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  プライバシーポリシー |  特定商取引法に基づく表記
主婦・女性の資格取得から独立開業まで TOP > 資格で開業か会社内か > 法律系資格の中で、主婦の就職などに有利なのは?


法律系資格の中で、主婦の就職などに有利なのは?

難易度に関係なく、法律的資格で一番役に立つのはズバリで宅建資格です。理由は、不動産業者つまり、不動産屋さんは従業員5人に1人宅建資格を持っている人をおかなければいけません。それから、例えば東京都だったら、東京都庁に主任者を登録する必要があるのです。


基本的に資格は、もっていても会社にとって必要ではない場合も多い(例えば、簿記やファインアンシャルプランナー、中小企業診断士、行政書士など)。平たく言えば「実務」ができれば問題ないわけです。


しかし、宅建の場合は5人に一人「置かなければいけない」。だから、どこの不動産会社も手当てを出したり、試験の費用を援助したりしています。


法律系の資格は宅建が基礎であり、なおかつ、就職に有利という理由がここにあります。


余談ながら、こういった主任者登録や、免許の更新など全てウン万円単位でかかります。1人数万円と考えると・・・宅建試験は毎年20万人が受けます・・・総額わかりますよね・・。


ユーキャンの人気資格講座。資料請求は無料です。
資格取得なら