主婦女性にあった資格方法は?資格取得から独立開業を本音で語ります。行政書士・社会保険労務士・宅建etc

主婦・女性の資格取得から独立開業まで

主婦・女性のライフワークに適した、資格取得と独立開業とは?行政書士・社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・宅建 etc

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  プライバシーポリシー |  特定商取引法に基づく表記
主婦・女性の資格取得から独立開業まで TOP > 開業と事務所

開業と事務所のサイトマップ
資格で開業と事務所
開業の事務所と家賃


資格で開業と事務所

お金などが許せば、外に事務所を構えるのが一番いいと思います。いきなり事務所をかまえるというのは、もの凄く不安があります。だから、最初はご自宅兼事務所で十分だと思います。


ただ、お客様からお電話などがあった場合、横で子供さんが泣いているというのでは、相手も困ってしまいます。


だから、自宅兼用事務所の場合は、必ず仕切られている間取りにしていること。例えば、3LDKなど。それでは、ワンルームでは駄目なのか?駄目でないのです。しかし、ここは「お客様にとってと、自分の仕事にとって」どうなの?を考えるべきです。


法人相手の仕事であれば、外で打ち合わせや、相手先に訪問という形で問題ないと思います。ただ、個人相手のいわゆる民事法務の場合はどうでしょうか?離婚相談など。これを通常の自分のお部屋で聞いているというのは、問題があるような気がします。お客様が安心できません。


また、主婦や女性の場合は自宅兼事務所にすると防犯上の問題もありますので、事務所をどうするかは十分考えましょう。


もしも・・・です。可能なら、現在一戸建てにお住まいか、実家が一戸建てなら、庭先にプレハブで事務所をかまえる。これが一番いい形態です。家の前で、しかも独立した空間ですから。



開業の事務所と家賃

ちなみに、開業する場合の家賃ですが、首都圏では大体10万円です。後は光熱費が1~2万円くらいでしょうか。つまり、年間150万円程度はみる必要があります。東京でも、場所によって家賃は違いますが、東京都下の何々市などでしたら、7万円前後になります。8帖前後のワンルームで。


例えば行政書士や社労士の仲間と組んで一緒に事務所を、借りる形がベストなのではないかと思います。


場所を借りて、折半負担などの形にするのが、色々なことを考える場合、ベストです。片方が留守の場合は、電話を取ったり、困ったときにはお互いに相談したりもできます。


注意点は、絶対に財布は別にしないと駄目です。共同経営では、お互いの能力に差があるため、うまくいきません。場所のみ共同という意識でいること。



~~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の話し言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建テキスト
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入