主婦女性にあった資格方法は?資格取得から独立開業を本音で語ります。行政書士・社会保険労務士・宅建etc

主婦・女性の資格取得から独立開業まで

主婦・女性のライフワークに適した、資格取得と独立開業とは?行政書士・社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・宅建 etc

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  プライバシーポリシー |  特定商取引法に基づく表記
主婦・女性の資格取得から独立開業まで TOP > 社会起業家

社会起業家のサイトマップ
社会保険労務士・行政書士って何をする人?
行政書士・社会保険労務士って何の専門家?
資格と実務 エキスパートになっていくには 1
資格と実務 エキスパートになっていくには 2
資格取得と実務 エキスパートになるには 3
資格取得と実務 エキスパートになるには 3
女性と資格と社会起業家
資格で社会起業すると食べれますか?
派遣という働き方


社会保険労務士・行政書士って何をする人?

残念なことではありますが、世間の方に社会保険労務士です。行政書士と言っても、何をする資格なのかは明確にわかっていません。


これは、非常に大きいことです。


商品(士業もサービス商品として考えるならば)として、考えるならば市場の認知度はあるのだけれど、内容をわかっていないという段階です。


へぇ、そう・・。いやいや、これは大きい問題です。社労士や行政書士の受験生・合格者からすると信じられないことでしょうが、一般の方にお話をするとわかります。彼氏や旦那さん・友達に、聞いてみると良いですよ。社労士や行政書士って何の仕事をするか知ってるって?


「よくはわからないけど、何か手続きをする人」という答えが大体だと思います。


わかりますかね?お客様は何を依頼していいかわからないのです。これは、大きい問題でしょ。



行政書士・社会保険労務士って何の専門家?

行政書士とか社会保険労務士が何をする人かわからない?これが一般の人の感覚ならば、逆説になりますが、こちらから何をする人かを訴えていかなくてはなりません。


人事労務の専門家?で、会社のために何ができるの?と聞かれるのがオチです。


しかし、困ったことに試験に受かっただけでは何をする人かは、見えてこないのです。試験で会社設立の実務などはでませんので。


実は、やってはいけないこと・・・会社設立・許認可・相続相談・車庫証明・離婚相談・会計記帳その他ご相談!


こういった形で、相手に話すこと。わかります?コピー機、車、家電品、ハンバーガー、お酒、洋服にいたるまですべて取り扱っています!というのと同じです。


要は、相手=お客さんから見た場合にわかりづらいわけです。何の専門家か?何の専門家になりたいのか?これを絞り込んでいきましょう。



資格と実務 エキスパートになっていくには 1

資格試験試験に受かるだけでは、直ぐに実務が出来ないという現実がありますが、それでは実務はどうやったらできるようになるのか?


まずは、当たり前のようですが、その実務に関する本を徹底的に読むこと。5冊~10冊も読めば、一般のお客さんに話せるくらいの知識は十分に身につくはずです。


これは、通常の会社でいう、仕入作業ですね。まずは、売る商品がないと何も始まりません。ですから、徹底的に仕入れ作業を行うこと。


逆に、いくつかの分野の本を読んで、自分に向いてそうな業務の内容があったら、その分野の本を10冊くらい読みこなすという手段もあります。


仕入れ作業と思って、自己投資!



資格と実務 エキスパートになっていくには 2

資格をとって業務を覚えるのに、次に良い方法です。


業務上の疑問点が出たら担当の役所に電話なり、足を運ぶなりして話しを聞く。結局これが一番早いのです。


役所の担当の方というのは、どういった書類が一番いいか?もっと簡単に言うなら、どういった書類が審査に適しているかを知っているわけです。


であれば、担当者としても審査や書類上の問題で頭を悩ませるのは面倒くさいわけですね。最近はどこの役所でも、割と丁寧に教えてもらえます。虎子を得ずんば虎穴に入れというのは、ここでも生かされる話。でも、虎の穴に入る必要はありません。


要は、役所に何度も足を運んで、疑問点を聞いていくこと。それが、結局はお客様のためになります。


お客さんは、それが面倒くさいから依頼してくるわけでしょ?だから、サービス業の感覚でやってあげればいいのです。案件を色々こなせば、そのうち力はついてくるはず。



資格取得と実務 エキスパートになるには 3

資格をとって実務を、覚えたい場合のさらに有効な手段は、先輩か知り合いの先生に外注に出すです。勿論対価を払って。


書き間違いではないですよ。単純に相談で、聞きなさいと言っているのではなく、対価を払って外注に出して下さい。全部でなくても一部でもいいです。


外注先に、その仕事をこなして頂く仮定で、色々と横にいて、確認すればいいのです。2、3回やれば、十分経験になっていくでしょう。


タダで聞けばいいやと思っている方が多いと思いますが、相手方に、その質問や手続きに関して貴重なお時間を使って頂く場合は、対価を払わないと、絶対に、WIN=WINの関係にはなりません。相手には、他にメリットがないのですから。


外注に出さないまでも、例えば1.0万円程度の相談料を払って、1時間程度じっくりと聞いてもかまわないと思います。相手にもメリットは与えてあげるという、根元的な考えをもつこと。



資格取得と実務 エキスパートになるには 3

外注先を確保してそこに仕事を頼んでいくというやり方は、デザイン事務所など色々な業態で行われています。


しかし、いわゆる士業、行政書士や社労士などの先生になると、妙にプライドが出てくるのか、全てを自分でこなそうとするみたいです。


HP作成ダイレクトメールなど営業関係・打ち合わせ・実務・役所関係周り、経理、それこそコピー取りから・・・。これを全部一人で行っては、とてもではないですが経営という形では限界があります。


外注に投げられる部分は投げて、得意な分野で勝負していくことが大事です。



女性と資格と社会起業家

資格取得をしてから、実務のエキスパートになって行く上において、実務面で女性や主婦ならではというものがあります。


例えば、離婚問題や育児休暇関係など、働くママさんの支援や離婚関係のアドバイスなどを行っていく場合です。


一種の社会起業家的な実務内容です。特に主婦などで、(ある程度)生活に問題がなければ、この社会起業的な発想を持っていって欲しいですね。


この手のお仕事は、なかなか手間暇がかかる割には、儲かりずらいという面がありますので。



資格で社会起業すると食べれますか?

離婚問題や年金などを扱う資格による社会起業は、なかなか儲かりずらいという面があります。


理由の一つは、書類作成など定型化している業務だけではなく。個人差が大きいからです。


わかりますかね?パターン化した商品ではなく、離婚理由は人それぞれ違うため、手間暇がかかるということです。でも、中には経済的に窮している方も多いため、それほど高い料金は取れない傾向もあります。


勿論、やり方は色々あるのですが、どうしてもボランティア的な面が大きくなるということですね。ですから、例えはよくないのですが、いわゆるお世話焼きオバサマに最適なのです。


いよいよ始まる年金分割。大阪の難波社労士、岸本ひろみ先生の書いた本



派遣という働き方

「派遣労働」。今は一般的になったこの働き方。将来独立開業したい方や、若いうちにステップアップして、 早いうちにご自分のやりたいことを見つけるために、派遣というのは非常にいい働き方です(私も経験があります)。

 

そんな思いをもっていたのですが、先日「派遣勝ち組へのステップアップ法」 という書籍が出版されました。著者は、社会保険労務士の小岩広宣先生です。

 

派遣という働き方の利点をわかりやすく解説されています。

派遣「勝ち組」へのステップアップ法―転機のつかみ方

 

また、特定派遣事業を、始めたい方のためのサイトもオープン致します。

 

派遣という働き方・派遣会社設立考えてみませんか?

 



~~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の話し言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建テキスト
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入