主婦女性にあった資格方法は?資格取得から独立開業を本音で語ります。行政書士・社会保険労務士・宅建etc

主婦・女性の資格取得から独立開業まで

主婦・女性のライフワークに適した、資格取得と独立開業とは?行政書士・社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・宅建 etc

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  プライバシーポリシー |  特定商取引法に基づく表記
主婦・女性の資格取得から独立開業まで TOP > 現役女性先生の声 > 占いと会社の支援?主婦の行政書士の先生の声


占いと会社の支援?主婦の行政書士の先生の声

行政書士の資格を生かして独立され、早くに専門の事務所も借りられて成長中の主婦の女性行政書士をご紹介します。インタビュー形式でお届けします。


はまだ みさ先生


○まずお名前を
はまだ みさ です。


○持っている資格は?
行政書士 ファイナンシャルプランナー です。


○現在のお仕事を簡単にお願いします
行政書士&FP事務所経営
行政書士さくらオフィス


○行政書士という資格取得にいたる動機は?
FPとして活動していた期間が長かったが、法律知識も必須だと思ったため


○勉強方法や時間などを参考までに
もともと短期集中型のため、AFPは2週間、CFPは1~2課目ずつ数年かかったが6課目の勉強に要した時間は実質計1ヶ月ほど。基礎をおさえ過去問3年分を3回ずつ繰り返した。
注)AFPは2級、CFPは1級です。


行政書士は半年間予備校に通い必死に勉強したが、合格率3%弱の壁にはばまれ、初年度ノックアウト。2年目はビデオ講義を受講。試験日風邪をこじらせ、受験するのがやっとの状態で完敗。


3度目の正直。この年は独学で、勉強した時間は1ヶ月弱だったが、強制的に自分に課して受けた計10回の答練&模試をとにかく繰り返し復習した成果のおかげで、無事2.6%の合格率を突破。


○今後資格を取られる方への簡単なアドバイスなどございましたら。
とくに、子供さんのいる主婦は勉強時間を確保するだけでも大変です。だからこそ、短期集中で一気に片付けたほうが得策です。苦しい時期は短いほどいいです。


○家庭と仕事(資格)の両立についてどう思われます?
男性同様に仕事をする場合、夫の理解と協力は不可欠です。夫には、主婦業はある程度諦めてもらえるかどうかにかかっています。現在、私は必要最低限の家事すらおぼつかないこともあり、夫には頭が上がりません。ただしもちろん感謝の気持ちと愛情表現を忘れずに・・・。


○現在の業務や事務所のご紹介などもお願い致します。
FP事務所、会計事務所、法律事務所での勤務経験を活かし、現在会社設立と許認可申請の代行、会計記帳業務のほか、離婚に伴う書類の作成を主に行なっています。


女性ならではのきめ細かく親身な対応と、フットワークの軽さが信条です。
女性の行政書士は1割程度しかいませんが、女性専門家のニーズをひしひしと感じることも多く、一度仕事をさせていただいたお客様からの紹介も増えてきており、大変感謝しています。


★先生は、実は占いが得意というのが面白いところ。


業務+占いによるアドバイスというのは、女性ならではの活かし方です。経営者は占い好きな方が多い。こういった組み合わせを考えましょう。


まだ、旦那さんにはご迷惑を掛けているとのことですが、今から独立を考えたい方は、例えば、2年間のみとか時期を区切ってやってみるのも一つのやり方です。2年間で目が出なかったら他のことをやればいいだけです。チャレンジしてわかることもあります。


ご本人はとても可愛らしい方で、何とか家事と仕事の両立を図りたいと頑張っておられることを付け加えておきます。これからが楽しみ。


ユーキャンの人気資格講座。資料請求は無料です。
資格取得なら