主婦女性にあった資格方法は?資格取得から独立開業を本音で語ります。行政書士・社会保険労務士・宅建etc

主婦・女性の資格取得から独立開業まで

主婦・女性のライフワークに適した、資格取得と独立開業とは?行政書士・社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・宅建 etc

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  プライバシーポリシー |  特定商取引法に基づく表記
主婦・女性の資格取得から独立開業まで TOP > 資格の取得方法 > 資格の過去問を旦那さんか彼氏だと思ってみませんか?


資格の過去問を旦那さんか彼氏だと思ってみませんか?

すべての資格試験満点を取らなくても合格します!
大体6割~7割くらいの得点で大丈夫です。この事実に気がついていましたか?

ということは以下の結論になります。

1、7割を取れば大丈夫であれば、過去問の反復学習がもっとも早道。
今は、その資格試験でも、本やインターネットで過去問集が何年分にも渡って掲載されています。過去問というのは出題者が「ここは問われる所だよ」と教えてくれている所。過去問集を離れた勉強はありえません。

2、合格者は 過去問で60%以上の正答率の問題を落としていない。
半分以上の人ができる問題は、絶対に落としてはいけないということです。

3、逆に分からないところは、ほとんどの人も分かっていないし解けない。
全体の2割から3割程度の人しかわからないマニアックな問題は必要ないということ。つまり、細かい部分までやり過ぎる必要はない。

4、記憶するのが苦手というのは嘘。要領が悪いだけの問題。
試験は日本語で書いてあります。新聞が読めればそれで大丈夫。人の記憶力など、そうそうは変わりません。ただ、碁盤の目のように整理できるかが大事。

結論:過去問旦那さんだと思って(?)離れず、添い遂げましょう。その過去問で聞かれている範囲をいかに整理して覚えられるかが資格に早く合格する道。


ユーキャンの人気資格講座。資料請求は無料です。
資格取得なら